>

片づけが楽になるメリット

オフィスに来てくれるメリット

自治体に紙の回収を依頼することもできます。
しかし自治体の職員は、オフィスまできてくれません。
回収場所が指定されているので、そこまで自分が持っていかなければいけません。
近いところなら、すぐに持って行けるので仕事の時間を邪魔しません。
しかし遠い場所に指定されている場合は、紙を持って行くだけで時間がかかります。

すると他の仕事を進めることができません。
仕事の効率が悪くなるので、自前で処分するよりも専門の業者に依頼するのがベストです。
不用品回収業者は、オフィスまで来てくれるメリットがあります。
仕事をしながら、不用品回収業者が来るのを待っていてください。
業者が来たら、いらない紙を渡しましょう。
それだけでいいので、片づけの時間を短縮できます。

いらない紙を準備しておこう

事前に紙を用意していないと、すぐに回収してもらうことができません。
不用品が来た時に慌てないよう、必ず用意しておきましょう。
また、来る時間を指定できる面も嬉しいですね。
午前中は大事な用がある際は、午後に来てもらうことも可能です。
都合のいい時間を選択してください。
間違って大事な紙を捨てることがないよう、よく確認しましょう。

回収されてから、やっぱり必要な紙だったといっても取り戻すことは難しいです。
1枚ずつ、必要でないのかチェックすると間違えることはないでしょう。
書類は、最低でも1年は保管していた方がいいと言われます。
1年以上保管していた書類から、いらないものを探してください。
すると、書類の保管スペースが空くと思います。


TOPへ戻る